FC2ブログ

村上かつらブログ

新人保育者物語・さくら

さくら表紙素材blog_convert_20110725154728


新刊が出ました!


「新人保育者物語・さくら」

(小学館/「新・幼児と保育」ムックより)




「 フレッシュ保育者サポートマガジン Latta 」誌上に、
2008年から一年間にわたって掲載されたものを、
今回、大幅に加筆修正しました。




新人保育士さん&保育士を目指している学生さんが読んだとき、
ちゃんと「使える教材」になっているようにと、
監修の百瀬ユカリ先生をはじめ、
その道(保育誌)のベテランである編集さんたちが知恵を結集して、
しつこいくらいに取材を重ねて、現場の声を丁寧に拾い上げて作った自信作です。




・・・が、ここ(拙ブログ)を見てくれているのはおそらく、
ビッグコミックの方面の読者さんだと思うので、
ここでは、教材とは別の側面について、
漫画家としてのわたしの思い入れをたっぷり書きます☆





■ ■ ■ ■ ■



掲載誌「Latta」は、漫画誌とはまた違った世界・・・保育専門誌でしたが、

関係者一同、

いわゆる、「How to マンガ」にはしたくない!

という熱い熱い気概をもって、この連載を立ち上げました。






わたし自身が自分に課した裏テーマは、


「あらゆる職業の社会人一年生に、

 ”保育園の先生を主人公にした、普通に面白い漫画”として

 読んでもらえたらいいな・・・」



ということでした。





抜けない学生気分、 上下関係、 憧れの職業の理想と現実。。。





ダメダメだった自分自身の社会人一年生時代を思い出しながら、

 「なんであの時、こういう風に考えられなかったのかな~」
 「焦ってたよな~ 頑張るポイント間違ってたよな~ 全部裏目に出たよな~・・・」

とひとりでツッコミを入れつつ、主人公に、昔の自分自身への思いを託しました。





保育士さんという、興味深い職業を通して、

「さいしょの壁の乗り越え方」について、

なにかヒントになるようなことをお伝えできれば
これ以上嬉しいことはありません。




sakura0.jpg




監修をして下さった秋草学園短期大学の百瀬ユカリ先生をはじめ、
編集部のM川さん&T本さん、
単行本を編集して下さったK村さん、
取材に応じて下さった保育士さん&保育士のたまごのみなさんに、
心から感謝をこめて。。。



中身はこちらから↓
第一話が試し読みできます☆





■ ■ ■ ■ ■



小学館公式サイト第1話が読めます(無料)。

http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784098401253







sakura2.jpg

トイレから彼氏にメールを打ったり、同僚と居酒屋で愚痴ったり、合コンに行ったり
主人公は等身大の二十歳の女の子です。
どのシーンにもちゃんと意味があるんだけど、
ぱっと見、大学の教材(副読本)らしくない絵面です。。。(笑)




sakura7.jpg


(小さなこだわり)
作中の絵本は、わたしが子どもの頃から現在に至るまで読み継がれている
超ベストセラーをチョイス。この福音館書店版「おおきなかぶ」(鉛筆で模写)は、
恐れ多くも佐藤直良画伯に見ていただいて、了解を得たそうです。
他に、「ぐるんぱのようちえん」も出てきます。なつかしい。


o-kabu.jpg



■ ■ ■ ■ ■



全11話、さくらの季節にはじまって、さくらの季節に終わる、
1年間の成長物語。 ※クリックで拡大できます






sakura1.jpg




sakura3.jpg




sakura4.jpg




sakura5.jpg




sakura6.jpg




スクリーンショット(2011-07-25 15.58.06)



判型は、ビッグコミックスよりひとまわり大きいA5版。
頁数は、ビッグコミックスより薄くなって申し訳ないのですが、
ひとまわりスリムな144ページ。2色刷りです。


一般書店でどの程度取り扱ってもらえるのか謎なんですが、
( Amazonでは取り扱いがあります )

万が一見かけたら、これも何かの運命?だと思って
お手に取ってみてください。


よろしくおねがいします。





  1. 2011/08/02(火) 15:49:53|
  2. 仕事(ご報告)
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://katsuramurakami.blog133.fc2.com/tb.php/49-4bd8ac95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)