FC2ブログ

村上かつらブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月、広島の旅

??-5




真夏の広島。


ずっと、この季節に来てみたかった。
ようやく叶った。



「はだしのゲン」の著者・中沢啓治先生の墓前に手を合わせ・・・
と、言いたいところだけど、
先生のお墓がある場所が公にされていない(お墓はないのだという話も)ので、
平和公園の慰霊碑に、手を合わせる。



(この写真は、少し前の8月2日のもの。
 6日の式典にむけて、巨大な献花台を作っている途中でした。)



■ ■ ■



慰霊碑の前に立ち、中沢先生に話しかけてみる。



・・・・・・



先生、ご無沙汰しています



3度目の広島です



先生の故郷でお会いできる日がくるとは、です




先生の漫画で育った子ども・・・だったわたしたちも、
こうして大人になりました




先生の漫画から、たくさんの大切なものを受け取ったはずなのに、
とうとう、先生が生きているうちに、核のない、
平和な世界を見せてあげられなくてごめんなさい




残念ながら、先生が望んだ世の中には、まだまだほど遠いです




・・・・・・




これは、いつも思うこと。




でも、
慰霊碑の前に立って、ふと、




 先生、そちらで、進次や英子ねえちゃんに、お父様に、
 会えましたか・・・?




と尋ねてみた。




そうなんだ、先生は、
小学1年生の時に、原爆で失ったお父様、ご兄弟と、
実に、65年振りに、再会されたはずだ。




65年間・・・って、
途方もなく長い時間。
考えただけで、胸が苦しくなる。




「先生には、もっともっと生きていてほしかった」
というのは、自分のエゴだなあ・・・。




先生は、65年間、必死で戦って、戦い抜いて、
ようやく今、ご家族とゆっくり暮らしていらっしゃるはず。

そう思いたい。




■ ■ ■




正義、また別の正義、

利害の一致と不一致、

傲慢、保身、メンツ、既得権益・・・



いったい誰が、何が、悪かったのか。
いったいなぜ、この、7つの川が流れる美しい街に、
あんな恐ろしい爆弾が投下されねばならなかったのか。
大人になればなるほど、あの戦争のことを知れば知るほど、
その答えはわからなくなってきた。



わからないまま、考え続けている。
過ちを繰り返さないために。

考え続けることを、絶対にやめない。
ここに眠る全ての魂に、いま誓えるのは、本当にそれだけだ。






■ 島病院

米軍が原爆投下の標的にしたのは、T字型の相生橋だったが、
実際には300メートルほどずれて、産業奨励館(原爆ドーム)の裏手にある、
この島病院が爆心地となった。

DSC07518_convert_20140807181745.jpg





■ 袋町小学校平和記念館

爆心地から460メートルのところにある袋町小学校。
壁面は煤で真っ黒になり、生存者が伝言を書き残した。
現在は、その一部を資料館として保存している。


DSC07551_convert_20140807122747.jpg

DSC07526_convert_20140807122316.jpg

(※ 許可をいただいて撮影しました)




■ 呉・大和ミュージアム

軍港として栄えた町、呉にも足を運ぶ。
10分の1スケールの戦艦大和や
日本に1機しか残っていない零式艦上戦闘機六二型、人間魚雷「回天」などの実物を展示。

DSC07347_convert_20140806120305.jpg

DSC07479_convert_20140807183544.jpg


DSC07464_convert_20140807121403.jpg


DSC07404_convert_20140807183251.jpg


DSC07433_convert_20140807183334.jpg

※上記3つのデータは、手元のガイドブック「ココミル(JTBパブリッシング)」より拝借
  1. 2014/08/06(水) 23:22:51|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://katsuramurakami.blog133.fc2.com/tb.php/144-0608f6c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。