FC2ブログ

村上かつらブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

負ケルトワカッテ、ナゼ戦ウ 〜映画「立候補」〜

立候補_convert_20131007013222




わっ!更新しなさすぎだ!
時が止まっとるやないか!



夏が終わってた・・・。



■ ■ ■ ■ ■



今回、作画中ゆいいつ観に行った映画、
映画「立候補」(これが正式な表記、らしい)。

この映画のことが、ずっと書きたかった。



舞台は、まだ記憶に新しい、2011年の大阪府知事選。
いわゆる、泡沫候補と呼ばれる立候補者を追った
ドキュメンタリーだ。



カメラは主に、マック赤坂氏を追いかけているが、
たぶん、候補者の中でこの人がいちばん、
気安くカメラを受け入れてくれたのだろう。



後半、マック氏に巻き込まれる形で
うっかり出演(させられている)面々から想像するに、
DVD、ブルーレイ化は、ないかも・・・
ぜひ劇場に足を運んでいただきたい。



■ ■ ■ ■ ■



大学生の頃、
「担当編集」ではないけど、
いろんなところに連れ回して下さって、
わたしに「文化」を授けてくれた編集さんがいた。



そのYさんが、わたしに、

「あなたは一生、
 非合理的なものへのこだわりを描き続ける人」


と言ったことがある。



非合理的なものへの、こだわり!!!

わたしが描いてるもの(愛してやまないもの)って、
非・合理的だったのか!!(知らんかった・・・)


と、目から鱗が落ちたのだが、
今思えば、「こいつ多分、一生売れねーな・・・」と
密かに案じてくださっていたに違いない。



映画「立候補」を観て思った。
やばい、やっぱり、こういうのが好きなんだって。



■ ■ ■ ■ ■



「負ケルトワカッテ、ナゼ戦ウ」



当選した松井一郎氏の得票数は、2,006,195票(54.73%)
対して、マック赤坂氏の得票数は、21,479票(0.59%)。
実に、両者の差は・・・えーと、何倍だ?? 



藤岡監督の言葉を引用すると、

「(略)彼らは本気なのか?

 本気ならどうやってその世界を実現しようと考えているのか?

 本気じゃないなら何が目的なのか?」




「負ケルトワカッテ、ナゼ戦ウ」




この答えは、
屈託なく陽の当たる道だけ歩いて来た人には
どんだけ考えたってわからないだろうし、
わかんなくたって大丈夫。



「誰かが、この(非合理的・非生産的な)役割を
 請け負わなかったら、
 人類全体として、じつは、ヤバいんじゃないか?」

という、危機感。バランス感覚。


こんなの、わかんない人はわかんなくていい。



・・・思い込みだもの。

世間様の「ものさし」から外れてしまった人間が、
自分に存在意義を授けるための、最後の砦。



だって、なんらかの形で、
役に立っていたいのだ!

無駄にしかならないのなら、
無駄だって、意味がある、と。

世界のバランスをとるための
反対側の重しになっているはずだ、と、

信じていなきゃ、やってらんないのだ。



■ ■ ■ ■ ■



今回の原稿の最終日・神楽坂のバーで、
アシスタントさんの前で、
なんのために描いてんのかって聞かれて、
一瞬言いよどんだのだけど(はずかしいし)、


やっぱり自分は、誰かが書き留めておかないと
なかったことになってしまうような、
1円にもならないけれど、
だけど確かに存在した
ちっぽけな気持ちを、
ゴミ拾いみたいに集めて行きたいと思った。いい歳して。


もしそれを描き続けることが許されるなら、


「 誰かの、ゴーストライターでも、いいんだ、」


って
思わず口から出たとき、



これ、デビュー作を描いたときとおなじ気持ちじゃん!
(短編集1のあとがきより)
って、思って、自分でびっくりした。



いまの状況(分に過ぎた雑誌での連載)は、
もちろん、有り難いのだけれど、
自分の16年間の漫画生活の中ではちょっと特殊で、
一回、「うわああああああああ!!!!」ってなって、
思わずブログの更新が止まってしまった。



自分が本当に描きたいこと
本当にやりたいことが
今ほど明確になったことはない。
連載を終えたらいちから出直したい。




■ ■ ■ ■ ■

ちなみに、このテキストを書いている今日、
新宿バルト9で「地獄でなぜ悪い」観てきました!
最高!!!!バカ最高!!!!!
エンドロールとともに客席から拍手が!!!!

どっちをブログに書こうか迷ったけど、
まずは「立候補」だ!
みてね!!



  1. 2013/10/07(月) 02:12:31|
  2. 映画・展覧会
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://katsuramurakami.blog133.fc2.com/tb.php/137-7fcdf260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。