FC2ブログ

村上かつらブログ

新連載と近況

■告知■

新連載は、
5月20日発売の
小学館ビッグコミックオリジナル誌にて

よろしくおねがいします




新連載第1話の原稿は、
ゴールデンウイーク明け、
編集さんが出社する日が納期です。

というわけで、黄金週間は、がっつり作画作業。



青年誌(スピリッツ)→ 女性誌(FEEL YOUNG)に行ったときも、
かなり、漫画の文法の違いに驚いたけど、
FEEL YOUNG からビッグコミックオリジナルって、
読み手の性別も世代も、まさに真逆!
ここ2ケ月、脳みそ大改革を敢行中。



いま、この瞬間も、
「本当にこれで合ってる? 読み飛ばされるんじゃない?」と
迷いながら、恐る恐るペン入れをしている。



わかりやすいところで言えば、たとえば、タチキリ。
FEEL YOUNG誌では、意識的にタチキリを増やして、
なるべく、誌面を見開いたときの空間が広くなるように、
と教えてもらった。



オリジナル誌は逆で、まだネームもあがっていない段階から、
タチキリを使わないよう念を押された(笑。
カメラは、2歩退くように。
つまり、人物の、身体の一部が見切れることなく、
紙芝居のように、すっぽり収まってほしい、とのこと。



新しい雑誌にチャレンジするとき、「内容」に関しては、
現在の連載陣のなかで手薄になっているジャンルを探して、
スキマを狙うのがよいかもしれないが、
こと「文法」に関しては、その雑誌の一番人気の漫画、もしくは、
その雑誌で主流になっている文法が必ずあるはずなので、それを倣え、
とは、この業界でよく言われること。



若い頃は、場所が変われど、
「わたしはわたし。わたしの方法で行くしかない。」と思っていたけれど、
結局、文法を読み解く力がなかっただけなのだなと、今は思う。
(もちろん、「わたしはわたし」という気概を貫き通して、
ジャンルを形成するに至った同業者には憧れる。レアケース。)

いまは、1ミリでも読みやすくなるなら、伝わりやすくなるなら、
そのための工夫を惜しみたくない。




・・・が、自分の手癖を押さえて、
付け焼き刃の文法を、真っ白な原稿用紙の上で再現できるかというと、
それはまた、別のお話!!!!!涙



いちから勉強させていただくつもりで、
根気よく寄せて行きたい。

いろんな意味で、新連載を、どうぞ、お楽しみに。




IMG_0785_convert_20130430173212.jpg

喫茶店や自習室など、出先でのネーム作業に
「立つふでばこ」が快適すぎる・・・もうひとつほしいくらい

手前のポケットに、
「集中力」と「リラックス」のアロマパルス
(こめかみをぐりぐりしたりして自分に喝☆)が
ちょうど収まるのもうれしい。


  1. 2013/05/04(土) 16:43:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://katsuramurakami.blog133.fc2.com/tb.php/121-de135006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)