FC2ブログ

村上かつらブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手塚治虫×石ノ森章太郎マンガのちから@仙台

IMG_3726.jpg



こんなにも贅沢に、巨匠の生原稿を拝む機会があろうとは!!!


東京会場で見逃した、「マンガのちから」展。
東北に居を移した漫画家の友達と
一年半ぶりに再会、生原稿を浴びに行ってきた。



IMG_3723.jpg



展示スペースに突如として現れたトキワ荘!でかい!

トキワ荘の中(裏側?)にも入れる!
手塚先生と石ノ森先生のお仕事場が再現されているのだが、これが、
どこまで信じていいかわからないほどに簡素だったのが残念といえば残念!
(仕事部屋写真の巨大パネルでもよかったかも!)



IMG_3720.jpg




「ぼくのそんごくう」連載時、
手塚先生が、突然、行方をくらましてしまい、
急遽、石ノ森先生をはじめとするトキワ荘のメンバー4人で手分けして、
1話分の「ぼくのそんごくう」を描き上げたそうだ。



その時の原稿が、このトキワ荘セットの脇のスペースに
まるまる1話分展示されている。
手塚タッチのクオリティはもちろん、
手塚先生が戻られてから(次回以降)、続きをスムースに始められるように、
1ページ目の1コマ目と、最終ページの最後のコマが、
全く同じシーンになっている(円還している!)のだった。
その配慮が素晴らしい。



が、結局、トキワ荘の面々で描き上げた原稿が、誌面に載ることはなかった。
手塚先生の原稿が、印刷間際に届いたのだ。先生は九州に雲隠れしていた。



よく見ると、作品の中に「9SHU」といういたずら描きがある。
トキワ荘のみんなは、先生の居所を知っていたようだ。
なんともいい話だ。



■ ■ ■



平日のお昼だったので、セクションによっては貸し切りっぽい感じに。

うわあ、ホワイトの盛り具合まではっきり分かるね、と、一枚一枚凝視していたら、
「そんなに顔を近づけないでください」と、注意されてしまった。
目でスキャンしてるの、ばれた!



IMG_3710.jpg




■ ■ ■



友達は観光スポットをとってもていねいに調べ上げてくれていて、
この日は宮城県美術館のあと2カ所まわる予定だったのだけど、
なんと、ここだけで新幹線の時間が来てしまった!
おそるべし、生原稿!


「手塚治虫×石ノ森章太郎マンガのちから」
 2014年5月31日(土)–7月27日(日)
 宮城県美術館

全国巡回中! 宮城会場が最後だよー!


スポンサーサイト
  1. 2014/07/17(木) 18:38:10|
  2. 映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。