FC2ブログ

村上かつらブログ

GODZILLA@試写

godzilla1.jpg




わ・・・
このブログ、去年の10月で止まっていた・・・!




なんて、
驚いたふりしてほんとは、

「うう・・・、トップに広告が張り付いてるブログ、かっこわるい・・・!」
って、思いながら暮らしていた。


でも、どうしても更新できない時期があった。
現行の連載の、本人による言い訳は見苦しい。


2014年、6月。

「一同、霊!」の単行本作業を終えて、
明日単行本が発売されます。

つらかったぶりが、そこここに溢れていますが、
自分なりに、手を抜かずに苦しみ抜いて描いた、
いろんな意味で一生忘れられない作品になりました。


まもなく見本が届くので、あらためてご報告します。



======



で、



「本多猪四郎に捧ぐ(※)」で終わる、
映画「パシフィック・リム」からの、
久しぶりのポストが、「GODZILLA」になるとは、です。



試写会に行ってきました。
それこそ、父や叔父の世代の
往年のファンでもないのに、とんだ僥倖、大恐縮です。



本作のテーマは「リアル」だそうで、
映像も音も、もの凄いことになっています!!!

試写室を出ると、
7階から見た景色、有楽町のビル群が、
さあどうぞ、壊してくださいといわんばかりに整列していて。
遠くにゴジラを見つけてしまいそうで怖くなりました。

(「クローバーフィールド」を観たときは、逆に、
 映画館を出てから(自分の目線が下がった時)、
 ビルとビルのスキマに、大きなシッポがゆっくり横切るのを
 見つけてしまいそうで、怖かった!)




出口で、ネタバレ防止?のガイドラインが配られて、
「そうか、そうだよ、10年待ったのだもの!!」と、
帰り道も、「うっかり」が口から出ないよう、
電車の中で、見知らぬ誰かに聞かせてしまわぬよう、
口を結んで、静かに興奮して帰りました。




とにかく、ゴジラが、ちゃんと格好良く、神々しく、
「GOD」ZILLAとして描かれていた。
けれどもそれは、決して、都合の良い守り神なんかではなく・・・
上手く言えないし、適切な例えではないかもしれないけれど、
人間の力の及ばぬ領域、地震や台風のような何かだった。


大自然の前に立ち尽くすような気持ちで試写室を出た。
作り手の誠意が、このゴジラの在り方を選んだのだと思う。




GODZILLA ゴジラ
http://www.godzilla-movie.jp
7月25日公開


(※)正しくは、
「この映画をモンスターマスター、レイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ」




godzilla2.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/06/29(日) 16:02:48|
  2. 映画・展覧会
  3. | トラックバック:0