FC2ブログ

村上かつらブログ

ぬいぐるみラッキー☆


いつも「ラッキー」を応援していただいております、
宮脇書店帯広店さんより、
店内のディスプレイ写真を送っていただきました。

・・・これはうれしい!


宮脇書店帯広店ラッキー1

↑ ↑ ↑

その中に、ぬいぐるみのラッキーをみつけて、感激です・・・☆
か、かわいい〜〜〜
(どこにいるかわかるかな??)





宮脇書店帯広店ラッキー2

よくぞ、このかたちのモコモコぬいぐるみを見つけて下さったなあと思います。
(当時、作画モデルにするために探していたので・・・)



■ ■ ■



ラッキーのモデルは、SONYの「AIBO(アイボ)」ですよね?
と、当時よく聞かれましたが、
実は、バンダイの「プリモプエル」という赤ちゃん人形を、
かなり参考にさせてもらっていました。



もう7年以上前のことになるので、
何の記事で読んだのか忘れましたが、
プリモプエルには架空の幼稚園(プリモプエルようちえん)があり、
別売りの園服を買って登録すると、バンダイの社屋での、入園式に参加できるそうです。


わたしが、「おお!?」と思ったのが、
入学式でのイベントの中に、身体測定 があったことです。


その時は、
「既成の人形の背丈・・・を!?」って、思ってしまったのだけど(ごめん)、
徹底して、プリモを「人間の子供」として扱うメーカーの姿勢に、ハッとさせられました。
さすがバンダイ、世界観を売る企業。



というわけで、
メーカー側が、犬ロボを徹底的に「犬」扱いしたイベントを開催する、
というイベントは、この、プリモようちえんの身体検査からきています。
ほかにも、ネットからプリモプエルのパパ&ママ(ユーザー)の声を拾って、
アニマルセラピー、ロボットセラピーの存在を知り、
ラッキーは介護ロボットとして改良されていったのでした。



■ ■ ■



こんなことを思い出したのも、つい最近、
ラッキーを数年ぶりに読み返したからなんです。



自分の絵というのは、やっぱり、つらくて、
読むと、「ここも、ここも、描き直したい・・・」とか思ってしまうので、
昔描いた漫画はなかなか手に取る勇気が出ません。



宮脇書店帯広店さんのおかげで、
ふたたびじっくり読み返すきっかけになりました。
感謝です。
(^^)



まさか2013年に、こんな画像を載せることができるなんて。しあわせだなあ。

宮脇書店帯広店3

スポンサーサイト



  1. 2013/05/27(月) 17:41:02|
  2. 【ラッキー】
  3. | トラックバック:0
次のページ