FC2ブログ

村上かつらブログ

8月、広島の旅

??-5




真夏の広島。


ずっと、この季節に来てみたかった。
ようやく叶った。



「はだしのゲン」の著者・中沢啓治先生の墓前に手を合わせ・・・
と、言いたいところだけど、
先生のお墓がある場所が公にされていない(お墓はないのだという話も)ので、
平和公園の慰霊碑に、手を合わせる。



(この写真は、少し前の8月2日のもの。
 6日の式典にむけて、巨大な献花台を作っている途中でした。)



■ ■ ■



慰霊碑の前に立ち、中沢先生に話しかけてみる。



・・・・・・



先生、ご無沙汰しています



3度目の広島です



先生の故郷でお会いできる日がくるとは、です




先生の漫画で育った子ども・・・だったわたしたちも、
こうして大人になりました




先生の漫画から、たくさんの大切なものを受け取ったはずなのに、
とうとう、先生が生きているうちに、核のない、
平和な世界を見せてあげられなくてごめんなさい




残念ながら、先生が望んだ世の中には、まだまだほど遠いです




・・・・・・




これは、いつも思うこと。




でも、
慰霊碑の前に立って、ふと、




 先生、そちらで、進次や英子ねえちゃんに、お父様に、
 会えましたか・・・?




と尋ねてみた。




そうなんだ、先生は、
小学1年生の時に、原爆で失ったお父様、ご兄弟と、
実に、65年振りに、再会されたはずだ。




65年間・・・って、
途方もなく長い時間。
考えただけで、胸が苦しくなる。




「先生には、もっともっと生きていてほしかった」
というのは、自分のエゴだなあ・・・。




先生は、65年間、必死で戦って、戦い抜いて、
ようやく今、ご家族とゆっくり暮らしていらっしゃるはず。

そう思いたい。




■ ■ ■




正義、また別の正義、

利害の一致と不一致、

傲慢、保身、メンツ、既得権益・・・



いったい誰が、何が、悪かったのか。
いったいなぜ、この、7つの川が流れる美しい街に、
あんな恐ろしい爆弾が投下されねばならなかったのか。
大人になればなるほど、あの戦争のことを知れば知るほど、
その答えはわからなくなってきた。



わからないまま、考え続けている。
過ちを繰り返さないために。

考え続けることを、絶対にやめない。
ここに眠る全ての魂に、いま誓えるのは、本当にそれだけだ。






■ 島病院

米軍が原爆投下の標的にしたのは、T字型の相生橋だったが、
実際には300メートルほどずれて、産業奨励館(原爆ドーム)の裏手にある、
この島病院が爆心地となった。

DSC07518_convert_20140807181745.jpg





■ 袋町小学校平和記念館

爆心地から460メートルのところにある袋町小学校。
壁面は煤で真っ黒になり、生存者が伝言を書き残した。
現在は、その一部を資料館として保存している。


DSC07551_convert_20140807122747.jpg

DSC07526_convert_20140807122316.jpg

(※ 許可をいただいて撮影しました)




■ 呉・大和ミュージアム

軍港として栄えた町、呉にも足を運ぶ。
10分の1スケールの戦艦大和や
日本に1機しか残っていない零式艦上戦闘機六二型、人間魚雷「回天」などの実物を展示。

DSC07347_convert_20140806120305.jpg

DSC07479_convert_20140807183544.jpg


DSC07464_convert_20140807121403.jpg


DSC07404_convert_20140807183251.jpg


DSC07433_convert_20140807183334.jpg

※上記3つのデータは、手元のガイドブック「ココミル(JTBパブリッシング)」より拝借
スポンサーサイト



  1. 2014/08/06(水) 23:22:51|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0

伏見稲荷大社で願掛け

DSCF6715_convert_20130416182149.jpg



少し前の写真ですが・・・

大阪の、かつて、働いていた職場に、取材に行ってきました。

最初に立ち寄った伏見稲荷大社で、
新連載をどうぞよろしく!の願掛け。 



DSCF6725_convert_20130416182252.jpg


DSCF6744_convert_20130416182231.jpg


DSCF6760_convert_20130416182125.jpg

千本鳥居 はじまりはじまり


DSCF6775_convert_20130416183119.jpg



DSCF6828_convert_20130416183058.jpg

ちょっと山道にそれて、上から撮ってみた


DSCF6857_convert_20130416183035.jpg

鳥居奉納は、原寸から、こんな、ミニサイズまで!
この小さな鳥居には願い事が。絵馬のかわりかな。


DSCF6782_convert_20130416182210.jpg




伏見稲荷絵馬


ごめんなさい、載せてもいいのかな・・・?
こちら、きつねの絵馬。
願い事とお名前は裏面のようなので、
この、個性豊かな狐たちの顔だけ、ちょっこっと紹介させて下さい神様・・・!

全体的な画力の高さに驚愕!
外国人観光客もおどろきのクオリティ!!

この場を離れがたかったです・・・
ざわ・・・ざわ・・・



■ ■ ■


伏見稲荷駅_convert_20130418005124


JR奈良線・稲荷駅。

構内のそこここに、鳥居を模した色使いが見受けられる。
まるでディズニーリゾートのように、
入場前からすでに始まっている、「世界観」に拍手!



  1. 2013/04/18(木) 00:57:41|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0

旅の写真 @Gold Coast ,QL

DSC03649_convert_20130329184808.jpg

                                       Great Barrier Reef



連載と連載のあいだの、無職、 ならぬ、無連載?期間も残り僅か。
タイミングとご縁をいただいて、南半球・ゴールドコーストへ。




DSCF6237_convert_20130329192705.jpg
 Surfers Paradise                    


 ↑↓ Waikiki って、書いても、信じてもらえそうな空と海。


DSCF6280_convert_20130329184829.jpg
  Surfers Paradise Beach




DSCF6369_convert_20130329192622.jpg
  Mountview Alpaca Farm


アルパカ牧場の景色。
オーストラリアでたくさん買ったものは、
アルパカ製品とマヌカハニー!

(ホテルのすぐそばにあったDFSは、
 つぶれて廃屋みたいになっていました)



DSC03282_convert_20130329184727.jpg
 Lamington National Park


この日、3回も虹をみました。
雨上がり。
ワラビーも、濡れた草を食べにやってきた。


DSC03285_convert_20130329205536.jpg



DSCF6401_convert_20130329184615.jpg


「絞め殺しの木」

鳥が啄んだ無花果(いちじく)の種が、
宿木となる木の下にぽとりと落ちて、
そのまま、宿木に巻きつきながら成長し、
やがて宿木を殺してしまう(宿木は朽ちて、中は空洞になる)。


何百年とかかって成長したその姿は、
幾重にもつる(太くなって、ふつうに、幹に見える)が重なって、
いつまでも見ていたいほど神秘的。


ひっそりと、静かに、光と養分を奪い合う、
熱帯雨林での出来事。


■ ■ ■ 


ところで、この、ラミントン国立公園の自然遺産ツアー、
ガイドさんに、

「みなさん、洞窟で光る、土ボタルツアーには参加しましたか?
 土ボタルは、とあるジブリアニメのモデルになっています。
 さて、なんでしょう?」

と聞かれて、何も考えずに「火垂るの墓!」と答えたけど・・・
ガイドさんは、答えを教えてくれませんでした。


帰国してから(ていうか、いま、ラミントンの正式名称を検索してたまたま)知った、
洞窟の壁面にびっしり、ほの青く光る土ボタルは、
天空の城ラピュタの、「飛行石」のモデルだったんだ!


土ボタルツアー、あんまりピンとこなくて、スルーしちゃった!
またここに来たい理由ができてしまった。




■ ■ ■ 



DSCF6700_convert_20130329184529.jpg


ぱんぱん!のリュック(機内手荷物)を見て、思わず吹き出して撮った。
旅の最後の一枚。

ヤミ米でも買い出しにいったんかー!、と自分でつっこんでみる。



■ ■ ■ 


さて

連載準備期間、終了!
4月から、仕事再開です。
(^^)


  1. 2013/03/31(日) 15:08:41|
  2. 旅の写真
  3. | トラックバック:0