FC2ブログ

村上かつらブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わたしたちに許された特別な時間の終わり

img04260_convert_20140717194305.jpg



デビュー当時から、
ずっとお世話になっていたアシスタントさんが、
今年の5月、関西の実家に帰って行った。



出会った頃、彼女もわたしもまだ学生だった。
彼女がいなかったら、
初めての週刊連載は、成立していなかったと思う。



彼女の描く絵が大好きで、
ある時期、その才能を丸々お借りしていた。
頭が下がる。



その彼女から、「漫画をやめます」、という言葉を聞いた日、
はじめて、自分の歳を、知った。
時間は確実に流れていた。





神楽坂で・石神井公園で・日比谷で、
3回お別れ会をして、
彼女を送り出した数日後、初代担当Kさんと飲んだ。
15年前の秋、彼女を連れて来てくれたのはKさんだった。



今でも、「○ちゃんは元気?」と気に掛けてくれるので、
「・・・実は、○ちゃん、関西に戻ったんですよ。」と伝えた。



Kさんは大ベテラン編集だ(いつの間に!)。
きっと、他の先生のお仕事場で、何度も見て来た光景なのだろう、
すこしの間があって、ぽつりと、



「うん、志望者にもね、世代交代があるんだよ。」と言った。



■ ■ ■



6月、映画「わたしたちに許された特別な時間の終わり」の
試写に呼んでいただいた。



たまたま、わたしが雑用係をしていたイベントに、
この映画のプロモーションをしているKくんが来てくれてご縁を得たのだが、
Kくんは、世にも希少な(!)、拙著「CUE」を読んでくれていた人
だったことが判明して、驚いた。



(余談だが、2010年代の今になって、
 「CUEが好きでした」「CUE以外は読んでないんですが・・・」
 という人に会う機会がたびたびあって、びっくりすると同時に
 「その言葉、10年まえに聞きたかったよー!」と思う。)




1c6e475d-2046-44bd-b613-75bfeb8dee7e.jpg




ミュージシャンを志していた増田壮太さん。



17歳の時、YAMAHAが主催する10代のためのバンドコンテストで優勝、
副賞として、CDの全国リリースを果たした増田さんは、
同年代の中でも別格の存在だった。



監督・太田信吾さんが高校に入学したときには、既に、
増田さんはデビューして高校を退学していたが、
時折、教室やグラウンドに現れては、ゲリラライブを敢行することがあり、
それを目の当たりにした太田さんは、その迫力に打ちのめされる。
( ↑ 打ちのめされる側でいいから、こんな思い出欲しかった!)



いつか友達になって直接話す機会が欲しいなと思いつつ、
5年の年月が流れた。



2007年、増田さんのライブで、二人は再会(?)する。
大学で映画を撮り始めていた太田さんが、人を介して、
増田さんのライブの映像記録を担当することになったのだ。



高校の軽音楽部の後輩で、かつて増田さんに憧れていた一人でもあった富永蔵人くんを交え、
(この蔵人くんのキャラクターがとてもいい!)
彼らの音楽活動・・・迷いながらも前に進もうとする姿を、太田さんは追い続ける。




■ ■ ■




「初期衝動が終わったあと、さて、人生をどうする?」
というテーマで描き始めたのが、前述の「CUE」だった。
(結果的に、この漫画は見事に行き詰まった!)




高校を卒業(中退)してから、
どうにか音楽で生きていけないか、を模索し続けた
増田さんと、相方の蔵人くんも、やがて岐路に立たされる。
特別な時間は終わろうとしていた。


「実家か?/一人暮らしか?」「都会か?/田舎か?」
自分を追い込むために、場所を変え、環境を変え、あらゆる方法を試す二人。


蔵人くんはとうとう、バイクに乗って、身ひとつで過疎の村へと移住する。
1年間の期限付きで、この村で、友達とも会わずに音楽修行をする決心をした。




歌うための、次の「理由」を、必死で模索する姿は、
ちゃんと大人になることができた人から見たら、
理解できないかもしれない。
本末転倒だと思われるかもしれない。


わざわざ理由を見つけなければ続けられないようなことは、
悲しいけれど、あんまし向いていないことなのだ。


そのことに先に気づいた蔵人くんの、
天才はこんなに苦しまない、が胸に刺さった。




蔵人くんが、流されつつも流れに沿って、向こう岸にたどりついた人なら、
増田くんは「やり方を変えない」という選択肢を積極的に選んだ人だ。


「CUE」で描きたかったこと、
あの頃の自分には結局うまく描けなかったことは、
この映画がすべて、もっと深く・力強く・生々しく抉り出していた。



■ ■ ■



商業漫画の連載というのは、少なからず、
若い人(アシスタント)の「特別な時間」を借りて
成り立っているところがある。



昔、一晩中仕事場を開放していたころ、
まだ20代前半だった、当時のアシスタントさんたちが
(学生をしながら通ってくれている人もいた)、
じゃれあいながら、徹夜で、
漫画論を交わしているのを聞くのが好きだった。



すでに商業誌デビューしている子もいたし、
まだデビューしていない子もいた。
けれども、そんなことは関係なかった。



「デビューしていてもいいし、していなくてもいい。」



どちらでもいいのだ。
どちらでも、いいのだ。



それが、人が何かしらを成し得るために与えられた、
「許された特別な時間」だ。



もちろん、これは、その希少な時間を使い果たした大人が思うことで、
本人達は、「許されている」なんて微塵も思わず、
焦りや嫉妬と戦い、苦しみながら、それぞれの夢と向き合っていたと思う。



それでも、それを脇で見ながら、
とっくに、「許されない」年代にさしかかっていたわたしは、
彼女達がじゃれあっているのが、眩しくて、うらやましくて、しょうがなかった。
デビューした子にも、していない子にも、
等しく、無限の可能性が広がっていた。



  漫画を離れ、今はまったく別の仕事を頑張っているあの子、

  バリバリ第一線で、連載を続けているあの子、

  そして、デビューからずっと助けてくれた○ちゃん。



みんなの、二度と還らぬ「特別な時間」で、
わたしの漫画はできている。


そのことにあらためて、気づかされた。



■ ■ ■



「わたしたちに許された特別な時間の終わり」

8月16日よりポレポレ東中野ほかで順次公開
http://watayuru.com




img04261_convert_20140717194330.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/08/18(月) 10:49:56|
  2. 映画・展覧会
  3. | トラックバック:0

手塚治虫×石ノ森章太郎マンガのちから@仙台

IMG_3726.jpg



こんなにも贅沢に、巨匠の生原稿を拝む機会があろうとは!!!


東京会場で見逃した、「マンガのちから」展。
東北に居を移した漫画家の友達と
一年半ぶりに再会、生原稿を浴びに行ってきた。



IMG_3723.jpg



展示スペースに突如として現れたトキワ荘!でかい!

トキワ荘の中(裏側?)にも入れる!
手塚先生と石ノ森先生のお仕事場が再現されているのだが、これが、
どこまで信じていいかわからないほどに簡素だったのが残念といえば残念!
(仕事部屋写真の巨大パネルでもよかったかも!)



IMG_3720.jpg




「ぼくのそんごくう」連載時、
手塚先生が、突然、行方をくらましてしまい、
急遽、石ノ森先生をはじめとするトキワ荘のメンバー4人で手分けして、
1話分の「ぼくのそんごくう」を描き上げたそうだ。



その時の原稿が、このトキワ荘セットの脇のスペースに
まるまる1話分展示されている。
手塚タッチのクオリティはもちろん、
手塚先生が戻られてから(次回以降)、続きをスムースに始められるように、
1ページ目の1コマ目と、最終ページの最後のコマが、
全く同じシーンになっている(円還している!)のだった。
その配慮が素晴らしい。



が、結局、トキワ荘の面々で描き上げた原稿が、誌面に載ることはなかった。
手塚先生の原稿が、印刷間際に届いたのだ。先生は九州に雲隠れしていた。



よく見ると、作品の中に「9SHU」といういたずら描きがある。
トキワ荘のみんなは、先生の居所を知っていたようだ。
なんともいい話だ。



■ ■ ■



平日のお昼だったので、セクションによっては貸し切りっぽい感じに。

うわあ、ホワイトの盛り具合まではっきり分かるね、と、一枚一枚凝視していたら、
「そんなに顔を近づけないでください」と、注意されてしまった。
目でスキャンしてるの、ばれた!



IMG_3710.jpg




■ ■ ■



友達は観光スポットをとってもていねいに調べ上げてくれていて、
この日は宮城県美術館のあと2カ所まわる予定だったのだけど、
なんと、ここだけで新幹線の時間が来てしまった!
おそるべし、生原稿!


「手塚治虫×石ノ森章太郎マンガのちから」
 2014年5月31日(土)–7月27日(日)
 宮城県美術館

全国巡回中! 宮城会場が最後だよー!


  1. 2014/07/17(木) 18:38:10|
  2. 映画・展覧会
  3. | トラックバック:0

GODZILLA@試写

godzilla1.jpg




わ・・・
このブログ、去年の10月で止まっていた・・・!




なんて、
驚いたふりしてほんとは、

「うう・・・、トップに広告が張り付いてるブログ、かっこわるい・・・!」
って、思いながら暮らしていた。


でも、どうしても更新できない時期があった。
現行の連載の、本人による言い訳は見苦しい。


2014年、6月。

「一同、霊!」の単行本作業を終えて、
明日単行本が発売されます。

つらかったぶりが、そこここに溢れていますが、
自分なりに、手を抜かずに苦しみ抜いて描いた、
いろんな意味で一生忘れられない作品になりました。


まもなく見本が届くので、あらためてご報告します。



======



で、



「本多猪四郎に捧ぐ(※)」で終わる、
映画「パシフィック・リム」からの、
久しぶりのポストが、「GODZILLA」になるとは、です。



試写会に行ってきました。
それこそ、父や叔父の世代の
往年のファンでもないのに、とんだ僥倖、大恐縮です。



本作のテーマは「リアル」だそうで、
映像も音も、もの凄いことになっています!!!

試写室を出ると、
7階から見た景色、有楽町のビル群が、
さあどうぞ、壊してくださいといわんばかりに整列していて。
遠くにゴジラを見つけてしまいそうで怖くなりました。

(「クローバーフィールド」を観たときは、逆に、
 映画館を出てから(自分の目線が下がった時)、
 ビルとビルのスキマに、大きなシッポがゆっくり横切るのを
 見つけてしまいそうで、怖かった!)




出口で、ネタバレ防止?のガイドラインが配られて、
「そうか、そうだよ、10年待ったのだもの!!」と、
帰り道も、「うっかり」が口から出ないよう、
電車の中で、見知らぬ誰かに聞かせてしまわぬよう、
口を結んで、静かに興奮して帰りました。




とにかく、ゴジラが、ちゃんと格好良く、神々しく、
「GOD」ZILLAとして描かれていた。
けれどもそれは、決して、都合の良い守り神なんかではなく・・・
上手く言えないし、適切な例えではないかもしれないけれど、
人間の力の及ばぬ領域、地震や台風のような何かだった。


大自然の前に立ち尽くすような気持ちで試写室を出た。
作り手の誠意が、このゴジラの在り方を選んだのだと思う。




GODZILLA ゴジラ
http://www.godzilla-movie.jp
7月25日公開


(※)正しくは、
「この映画をモンスターマスター、レイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ」




godzilla2.jpg
  1. 2014/06/29(日) 16:02:48|
  2. 映画・展覧会
  3. | トラックバック:0

パシフィック・リム、4DX!

IMG_1469_convert_20131016135513.jpg




名古屋駅から、庄内川を越えて、
(現時点で)日本で唯一、4DX(※)上映を行っている、
中川コロナワールドへ。


すでに、ユナイテッドシネマとしまえんで
パシリムIMAX3D+ウィンブルは体感済みだったのだけど、
プラス、風!水!光!
大興奮!


※4DX™とは・・・

3Dのその先「体感型(4D)」を演出するための最新劇場上映システム。
座席が作品中のシーンと完璧にリンクし、前後上下左右へ稼働。
また、風、水(ミスト)、香り、煙りなど、
各種演出も体感できるアトラクション効果も搭載。
(コロナワールドHPより抜粋)




IMG_1481_convert_20131016135240.jpg



この座席が、イエーガーのコクピットに。

なんせ、こちらも全力で「参戦」するわけなので、
出撃命令が出るたび、軽く緊張してしまった!

(ストーリーをご存知の方はわかると思うけど、
 最初の出撃(米アンカレッジ沖)は、行くのが怖かったほどだ)



■ ■ ■ ■ ■



上映前に観ることになる、
「鑑賞上のご注意」だとか、
「違法アップロードの禁止」などなど、
一連の、お約束のショートフィルム。


その、「4DX用のデモ映像」というのを、
この映画館で、初めて目にしたわけです。


なぜか、それを観た時が、一番、
「いま、新しい体験をしている(4DXそのもの以上に)」という感覚に震えた。
本編を待つ時間に、あんなに興奮したのは初めてかも。


4DXの劇場、増えますように。
(関東圏にも・・・!)



■ ■ ■ ■ ■



だいすき!独特の名古屋グルメ!!(^^)


IMG_4381_convert_20131016135126.jpg

@コメダ珈琲 小倉トースト&ミルクセーキ ←なぜ蓋が・・・?


IMG_1533_convert_20131016135152.jpg

@矢場とん(ヤバとん、だと思っていた) 味噌カツ



IMG_1490_convert_20131016135218.jpg


愛知県郊外の小さな町で、
8歳から15歳まで過ごした。

わたしにとって、思春期入り口の思い出の街は
アメ村でも新京極でもなくて、ここ、「栄」なのです。

  1. 2013/10/22(火) 14:57:32|
  2. 映画・展覧会
  3. | トラックバック:0

負ケルトワカッテ、ナゼ戦ウ 〜映画「立候補」〜

立候補_convert_20131007013222




わっ!更新しなさすぎだ!
時が止まっとるやないか!



夏が終わってた・・・。



■ ■ ■ ■ ■



今回、作画中ゆいいつ観に行った映画、
映画「立候補」(これが正式な表記、らしい)。

この映画のことが、ずっと書きたかった。



舞台は、まだ記憶に新しい、2011年の大阪府知事選。
いわゆる、泡沫候補と呼ばれる立候補者を追った
ドキュメンタリーだ。



カメラは主に、マック赤坂氏を追いかけているが、
たぶん、候補者の中でこの人がいちばん、
気安くカメラを受け入れてくれたのだろう。



後半、マック氏に巻き込まれる形で
うっかり出演(させられている)面々から想像するに、
DVD、ブルーレイ化は、ないかも・・・
ぜひ劇場に足を運んでいただきたい。



■ ■ ■ ■ ■



大学生の頃、
「担当編集」ではないけど、
いろんなところに連れ回して下さって、
わたしに「文化」を授けてくれた編集さんがいた。



そのYさんが、わたしに、

「あなたは一生、
 非合理的なものへのこだわりを描き続ける人」


と言ったことがある。



非合理的なものへの、こだわり!!!

わたしが描いてるもの(愛してやまないもの)って、
非・合理的だったのか!!(知らんかった・・・)


と、目から鱗が落ちたのだが、
今思えば、「こいつ多分、一生売れねーな・・・」と
密かに案じてくださっていたに違いない。



映画「立候補」を観て思った。
やばい、やっぱり、こういうのが好きなんだって。



■ ■ ■ ■ ■



「負ケルトワカッテ、ナゼ戦ウ」



当選した松井一郎氏の得票数は、2,006,195票(54.73%)
対して、マック赤坂氏の得票数は、21,479票(0.59%)。
実に、両者の差は・・・えーと、何倍だ?? 



藤岡監督の言葉を引用すると、

「(略)彼らは本気なのか?

 本気ならどうやってその世界を実現しようと考えているのか?

 本気じゃないなら何が目的なのか?」




「負ケルトワカッテ、ナゼ戦ウ」




この答えは、
屈託なく陽の当たる道だけ歩いて来た人には
どんだけ考えたってわからないだろうし、
わかんなくたって大丈夫。



「誰かが、この(非合理的・非生産的な)役割を
 請け負わなかったら、
 人類全体として、じつは、ヤバいんじゃないか?」

という、危機感。バランス感覚。


こんなの、わかんない人はわかんなくていい。



・・・思い込みだもの。

世間様の「ものさし」から外れてしまった人間が、
自分に存在意義を授けるための、最後の砦。



だって、なんらかの形で、
役に立っていたいのだ!

無駄にしかならないのなら、
無駄だって、意味がある、と。

世界のバランスをとるための
反対側の重しになっているはずだ、と、

信じていなきゃ、やってらんないのだ。



■ ■ ■ ■ ■



今回の原稿の最終日・神楽坂のバーで、
アシスタントさんの前で、
なんのために描いてんのかって聞かれて、
一瞬言いよどんだのだけど(はずかしいし)、


やっぱり自分は、誰かが書き留めておかないと
なかったことになってしまうような、
1円にもならないけれど、
だけど確かに存在した
ちっぽけな気持ちを、
ゴミ拾いみたいに集めて行きたいと思った。いい歳して。


もしそれを描き続けることが許されるなら、


「 誰かの、ゴーストライターでも、いいんだ、」


って
思わず口から出たとき、



これ、デビュー作を描いたときとおなじ気持ちじゃん!
(短編集1のあとがきより)
って、思って、自分でびっくりした。



いまの状況(分に過ぎた雑誌での連載)は、
もちろん、有り難いのだけれど、
自分の16年間の漫画生活の中ではちょっと特殊で、
一回、「うわああああああああ!!!!」ってなって、
思わずブログの更新が止まってしまった。



自分が本当に描きたいこと
本当にやりたいことが
今ほど明確になったことはない。
連載を終えたらいちから出直したい。




■ ■ ■ ■ ■

ちなみに、このテキストを書いている今日、
新宿バルト9で「地獄でなぜ悪い」観てきました!
最高!!!!バカ最高!!!!!
エンドロールとともに客席から拍手が!!!!

どっちをブログに書こうか迷ったけど、
まずは「立候補」だ!
みてね!!



  1. 2013/10/07(月) 02:12:31|
  2. 映画・展覧会
  3. | トラックバック:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。