FC2ブログ

村上かつらブログ

3月号、と、あれがいい これがいい

スクリーンショット(2013-02-09 17.07.56)



「Hatch」最終話、
現在発売中のフィールヤング3月号に掲載されております。



単行本2巻は、4月上旬発売予定です。
現在、こつこつ、準備を進めております。
どうぞ、おたのしみに。



■ ■ ■



最後の最後に、
1巻にちょこっと出てきた、
「小夏の彼氏」ことシゲ君が出ています。



じつは、この、小夏の彼氏、
いがわうみこちゃんに、キャラデザイン?してもらいました。



そのときのラフ画、とってあります。宝!!!
彼女の描く男の子も、女の子も、大好きです。


shige_convert_20130219015024.jpg



↑ 真夜中に、すっかりおかしなテンションになって、
CHOKiCHOKiを切り抜きながら、「彼氏オーディション」しました。
そんな選ばれし男です。。。


いがわキャラのこの空気感・・・
スウェットのゴム部分のヨレ感・・・
わたしでは、とうとう再現できなかった・・・無念・・・




are-kore_convert_20130219022947.jpg


そんないがわさんが、フィールヤング誌で連載していたあのシリーズが、
一冊にまとまりました★

 
「あれがいいこれがいい」 いがわうみこ
 祥伝社フィールコミックより発売中!!


連載中のタイトルは目次のとおり ↑
このシリーズを、毎月1本づつ読めた幸せを思い出す・・・(^^)



  1. 2013/02/19(火) 02:53:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0

あけましておめでとうございます

DSCF5806_convert_20121230163739.jpg



かなり、遅ればせながら。
あけましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。




画像は、山中湖のあたりからみた富士山です。
去年に引き続き、年始の写真には、家族が撮ったものを拝借。
「☆☆☆☆ Paramount ☆☆☆☆」って、らくがきしたくなっちゃう。




今年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。




■ ■ ■




年が明けてからずっと、「Hatch」の最終回のネームを描いていました。



以前もここで書いたのだけど、

「いま描いているネーム、ちょっとでも手を抜けば、
 1巻を買ってくれた人の980円までも、無駄にしてしまう可能性がある」

という重圧と戦いながら、直して、直して、直して、
ようやく、担当さんにみてもらるレベルまでたどりついて、
okをいただけました。

どうにかこうにか、980円に報いることができたと、思います。
根気づよくお付き合いいただいた、担当さんに感謝。




作画、がんばります。

しんしんと、雪に閉ざされていく感じ。
気のせいかな、いつもより、捗っているな。





■追記

ダヴィンチ2013.2

現在発売中の「ダ・ヴィンチ」2月号

「共感を誘うボクらの分身・「普通」と戦うマンガ主人公たち」

という特集で、「Hatch」を紹介していただきました。
ありがたや〜〜


  1. 2013/01/15(火) 01:26:39|
  2. その他
  3. | トラックバック:0

中沢啓治先生を悼んで

P1000120_convert_20121225200721.jpg



クリスマスの朝。
漫画家の、中沢啓治先生の訃報を知る。



中沢先生は、19日、広島市内の病院で、肺癌で亡くなられた。
73歳だった。



自身の作風が遠く及ばず、公言するのもおそれ多いが、
わたしを形成するもののひとつに、「はだしのゲン」がある。

わたしが漫画を描き始めたきっかけは、
もともと絵が得意で、それが高じて・・・とかじゃない。

小学生の時、はだしのゲンを読んで、
あまりにも強い、強いショックを受けて、
ショックのあまり、紙に鉛筆で反戦漫画を描いてみたことが
今の仕事に繋がっている気がするのだ。




■ ■ ■ ■ ■




8年前、編集さんのはからいで、
当時所沢にあった、先生のアトリエにお邪魔したことがある。
一生忘れられない日だ。



先生の自伝にも出てくる、
同郷の奥様が出迎えて下さった。感激だった。
絵はまったくの素人だった奥様が、
締め切り前にはベタを塗り、トーンを貼り、
4巻(はだしのゲン、の)あたりでは、背景も描かれていたという。
素敵な話だ。



本棚には、さまざな言語で翻訳された「はだしのゲン」のコミック、
ミュージカル版、オペラ版のパンフレット、ポスターが飾られ、
「ゲンの全てがここに!!!」と、興奮した。





昭和20年8月6日8時15分。

国民学校の1年生だった中沢先生は、学校へ向かう途中だった。

校舎の塀に遮られ、かろうじて、原子爆弾の熱線を避けることが
できたが、爆風に吹き飛ばされたその塀が背中に覆い被さって、
先生は下敷きになってしまった。
(この体験は、主人公中岡元の被爆体験として描かれている)



そのとき首に負った火傷が、今も残っている、と、
不意に、こちらに背を向けた先生の、
すっと伸びた背筋があまりに美しくて、息を飲んだ。

ふつう、長年絵を描き続けていると、
身体には、座業特有の「癖」が蓄積するはずなのだ。


そういったものを、意志の力ではねのけてきたような
まっすぐな背中だった。




■ ■ ■ ■ ■




中沢先生が、もう、この世のどこにいもいない。


今日は朝から、いろいろなことを思い出している。
思えば、子供の頃からずっと、この日が来ることを恐れていた。



まだ、だめだ。
まだ、居てくれなきゃ、だめだ。

まだ、先生が望んだ世界に、ほど遠いのに。

核の廃絶どころか、同じ日本で、
新たな放射能の犠牲者を出してしまったというのに・・・。
 



IMG_0145_convert_20121225200739.jpg




漫画という表現手段を、今も信じているのは、
「はだしのゲン」からもらったものが、
とてつもなく大きかったからだろう。



中沢先生、わたしたちに「はだしのゲン」を描いてくれて、
ありがとうございました。(合掌)








■ ■ ■ ■ ■
まだうまくまとまりません。
いつかあらためて。ごめんなさい。






  1. 2012/12/25(火) 22:53:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0

11月の近況

仕事でずっと家にいます。


■1


IMG_0061_convert_20121125162002.jpg


Amazonから、朝イチで小包届く。

「?」


そうだ、昨日の地震。
揺れが収まった直後に、Amazon で注文したヘッドライトだった。


「なぜ真っ先に・・・これを買った?」と思いつつ、
揺れた直後の自分は、それなりに怖かったのだろう。

もう、昨日の気持ちがわからないなんて、
最近、のどもとを過ぎるスピード早すぎる!(反省)


余談だが、「ヘッドライト」という名称がすぐに浮かばず
Amazonで、「懐中電灯 頭」と入れて検索すると、
たくさんのアウトドア用ヘッドライトの画像に混じって
「和書・津山三十人殺し」が出てきて、
不謹慎ながらちょっと笑ってしまった。。。

(^^;)



■2


声帯の腫れがひいて、ずいぶん経つのだけど、
いまだ声が戻らない。
今日も、がさがさした低い声。
びっくりすると、裏返ります(笑


電話などで、「風邪ですか?」と聞かれるんだけど、
風邪ひいてません。
元気なんです。


で、ふと気づいたのが、
「もしかして、これ、人生後半戦の声か・・・!」


ショック!
そうか!
ゆっくりゆっくり、声変わりするんだと思ってたけど、
こんな風に、はっきりがくんと変わるとは!


気道?を通ることができる声の分量が少なくなってしまったので、
「いい感じにかすれた声でゆっくりしゃべる人」、の、まねしよう。

(;;)



TUTAYA有楽町マルイ店さんに、またまたサイン本納品させていただきました。

IMG_0044_convert_20121120154906.jpg

「2012.11」って書いたけれど、もう11月終わりそうだよね・・・。
みかけたら、どうぞ、よろしくお願いします。

ちなみに、これを書いたのは、11月20日のわたし、です。




  1. 2012/11/25(日) 16:25:22|
  2. その他
  3. | トラックバック:0

エレガンスイブ12月号

Chapter3_024 のコピー

hatch-cover_convert_20120909003335_20121011003045.jpg

「Hatch」1巻 祥伝社フィールコミックより発売中!!!

刊行記念インタビュー:
http://www.shodensha.co.jp/fy/special/hatch1.php
【FEEL YOUNG net より】

Chapter3_024 のコピー



Elegance12.jpg



秋田書店「エレガンスイブ」12月号
「座右のセリフ」に1ページ寄稿しました。

(だいぶ前に出てました!すみません!ぎり売ってるかな・・・?)



映画、小説、漫画、アニメなど
過去に触れた作品の中から、

忘れられないセリフ を 漫画形式でご紹介する企画です。



なので、まあ普通に考えて、

「漫画」を「漫画」で再現するのは、
なるべく避けたい(笑)!


と思って、
有名な映画から、これだ!と思うものをピックアップしたのですが、
話し言葉って、文字に起こすとびっくりするほど長くて、全然、1ページに収まらない!!

結局、映画はあきらめ、漫画から探すことに。



漫画なら、フキダシという制限の中に、びしっと決まった名台詞があるはず・・・、と、
記憶のインデックスを総まくりして、
学生時代にスピリッツ本誌で読んで衝撃を受けた、
とある名作のなかのセリフを拝借いたしました。
文庫、フルカラーなど、たくさんの「愛蔵版」が出ている作品です。
わたしも、2種類持ってます。


で、急遽、実家から取り寄せてみると、


「あれ?? こんなにちっこいコマだっけ!?」と


該当のシーン、台詞が良すぎて、
脳内で勝手に大ゴマに変換されていたのですが、
実際には、すごく小さなコマに、さりげなく書かれたひと言で、
びっくりしました。


どうぞ、エレガンスイブ本誌で確かめてみてください。

(^^)


ちなみに、映画は、伊丹十三監督「マルサの女」でした。



  1. 2012/11/20(火) 15:47:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ